SEO対策(検索エンジン最適化)

検索エンジンとは

インターネットで調べ事をする時に使用するプログラムのことです。
代表的なものでは、Google,Yahoo,Bingの3種類が挙げられます。各検索エンジンはそれぞれ別会社が開発しているので、仮にGoogleとYahooで同じキーワードで検索してみると検索結果に表示されるWebサイトの掲載順位は異なります。

Webブラウザについて

インターネットを使用するときにソフトのことです。
Windowsは、Internet Explorer、Edge
Macは、Safari
が標準ブラウザとなっております。
そのほかにもGoogle ChromeやFirefoxなどがあります。

SEO対策とは

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称で、日本語にすると検索エンジン最適化と訳します。また、SEO対策とはインターネットの検索結果でWebサイトがより上位に表示されるための施策を指します。Web上には何兆ものページが存在している為、同名の企業や人物、モノが存在した場合、プログラムによって検索結果の順番が異なります。世界で最も使われているGoogleは、ユーザーの意図を正確に把握し、ユーザーのニーズに一致するものを表示するよう開発されています。2017年現在、YahooもGoogleのアルゴリズムを使用している為、ほとんどの検索者にとって最適なサイトがより上位に表示されていることになります。ユーザーにとって最適なサイトであることをプログラムに認識させて、所有しているWebサイトの表示順位を上げる施策をSEO対策といいます。


検索者にとって最適なWebサイト

その1.ユーザーにとって評価が高い

インターネットは情報収集やショッピング等で多く利用されています。Webサイト上に、ユーザーが欲している情報(価値)が掲載されていることが必要です。虚偽もしくは不正確な情報であれば、ユーザーからの評価は必然と下がります。

その2.コンテンツが充実している

ユーザーが必要としている価値のある情報とは、テキスト(文章)なのか、画像や動画なのか、または口コミなのかを考えなくてはいけません。その為、ユーザーの視点に立ってこの情報はどういう見せ方が適しているのか、どれだけの情報量がいるのかを考える必要があります。ただし、全てのコンテンツを必要としているとは限らないので、多ければ多いほど良いといったこともないです。あくまでも、ユーザーにとって必要なコンテンツを充実させる必要があるということです。

その3.見やすく・分かりやすく・使いやすい

ユーザーはPCで見るとは限らず、スマートフォンで見る可能性もあります。その際、スマートフォンでは見づらいサイトになっていないでしょうか。知りたい情報がどこにあるか分からない、お問い合せはどうすればいいのかも分からないことはないでしょうか。また、ユーザーがサイト上で迷わないように、導線を作ることも大事です。


SEO対策の方法

その1.内部対策

WebサイトのHTML構造を、検索エンジンが認識しやすい形に記述することで、検索エンジンからの評価を高めて検索順位をアップする施策です。タイトルタグ、メタディスクリプション、見出しタグ、alt属性、リンクの設置など数多くの要素があります。

その2.外部対策

自分のサイトが他のWebサイトからどのくらい評価されているかという外部要因に対して行う検索順位をアップさせるための施策です。具体的には、Webサイトに被リンク(他のサイトからのリンク)を集めます。

その3.コンテンツ対策

検索ユーザーの求めるコンテンツを用意し、Webサイトの評価を高める方法です。通常、内部対策の一部として挙げられますが、昨今のSEOはコンテンツが特に重要になってきたので分別しました。


スマホサイトの必要性

スマートフォンが普及してきた今、PCからの検索数よりもスマホからの検索数が上回りました。Webサイトがスマホ対応していないと、ユーザーからは見られなくなってしまいます。さらにGoogleはスマホ対応していないサイトの検索順位は落とすと公式に発表しています。

アクセス解析の必要性

アクセス解析を使用すると、サイトにアクセスしたユーザーのことを知ることができます。訪問者数、ページビュー数、滞在時間、ユーザーの地域・年齢・性別など数多くの情報が得られます。これらの情報を有効活用することで、ユーザーにとって必要な情報を用意できたり、戦略を立てることができます。
例えば、実店舗であっても、お店があればお客様が勝手に来店されるわけではありません。ユーザーのニーズを調査し、サイトに必要な情報を見直し、改善点を発見することで、より良いサイトへと環境を整えることが大事なのです。


私がSEO対策でできること

キーワード選定・見直し

検索ボリュームを調査したり、どのようなキーワードの組み合わせでの検索がされているか、どんな情報を求めて検索されているかなどを把握し推測することで、キーワードの選定を行います。

コンテンツのご提案

サイト全体を通してターゲットキーワードで「関連性」や「専門性」を持たせるということを意識してコンテンツのご提案をします。良質なコンテンツは長期的にサイトの価値を高めます。

ページ改修

見やすく・分かりやすく・使いやすいページへ改修することにより、ユーザーにとって評価の高いサイトへと育てます。(文字の大きさ、コンテンツの並び順、デザインなど)

HTML構造の見直し

HTMLの構造化とは、論理的な意味どおりのHTMLで構成するということです。検索プログラム(ロボット)に正しく認識してもらえる再コーディングを実施します。

アクセス解析

アクセス解析を行うことでユーザーの行動が把握できます。ユーザー調査を実施することで、表示されやすいキーワードの選定やユーザーにとって有益なコンテンツをご提案します。

スマホ対応

スマホ対応されていないお客様に、推奨させていただきます。また、ホームページでお持ちではないお客様は安価なスマホサイトのみのご提案も可能です。


SEO対策のよくある質問

Q.検索順位が上がらない
A.貴社のサイトがどのキーワードで検索結果に表示しているか確認させていただきます。その後、アクセス解析(Googleアナリティクス)を活用して、内部対策とコンテンツ対策を重点的にご提案させていただきます。
Q.他のSEO会社との違いは?
A.HIROBE DESIGNでは、企画から制作・運用までを一貫制作しているので、ワンストップによるご提案が可能となります。また、複数の会社に依頼する必要が無い為、コストの削減が可能です。

Contact

HIROBE DESIGNへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
Webのことならお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

Infomation

東京都江戸川区

※大変お手数ですがメールよりお問い合わせください。

info@hirobetakashi.com

受付時間

営業日:月~金(9:00 ~ 18:00)

定休日:土・日・祝