第34回カーター記念 黒部名水マラソンを走りました。

2017/06/15

人生初のフルマラソンを走ってきました!

富山県黒部市にて開催される「カーター記念 黒部名水マラソン」に参加しました。なぜ、初フルマラソンを富山に選んだのかは特に理由もなくたまたまです。ただ、マラソン大会を選ぶ条件はありました。

  1. 記念Tシャツが貰えること
  2. 1泊2日の為、東京から遠すぎないこと

これからもフルマラソンに参加する場合は、上記条件下で決めていくと思います。

フルマラソンとは

マラソンは「42.195km」の公道コースを走り、順位や時間を競う種目です。
それに対してハーフマラソンは文字の通り、フルマラソンの半分の距離「21.0975km」を走ります。その他にはショートマラソンといい、10km、5kmなどがあります。
マラソンに参加しようと決めて色々調べてみると、「ただ走るだけではない」ことを知りました。

フルマラソンはなぜ、42.195kmなのか

走ろうと決めた頃から気になっていたフルマラソンの距離。
調べてみたら参考サイトがありましたので引用させていただきます。

マラソンが42.195kmという距離で初めて行われたのは、第四回のロンドンオリンピックである。
当初、マラソンは国王の住むウィンザー城からシェファードブッシュ競技場までの26マイル(約40km)で競われる予定だったが、時の王妃アレクサンドラが、「スタートを城の窓から見たいのでスタート地点は城の庭で、ゴールの瞬間は競技場のボックス席で見たいので、ゴール地点は競技場のボックス席の前にして」とわがままを言った為、42.195kmという半端な数字になったとか。
そして、第八回のパリオリンピック以降、42.195kmが採用され現在に至る。
知識と雑学の備忘録

王様の力ってすごいですね…。

黒部市総合公園

カーター記念 黒部名水マラソン

さて、カーター記念 黒部名水マラソンの紹介です。毎年ランニング100選に上位に選ばれる人気マラソン大会です。写真は大会当日のスタート前の写真です。
本来、マラソンは秋冬のスポーツなのですが、黒部名水マラソンは「初夏ラン」といい初夏(6月前後)に走るマラソンです。
名前にある「カーター記念」とは、1984年にYKK株式会社の創立50周年記念式典に出席の第39代アメリカ合衆国大統領ジミー・カーター閣下の来市を記念し、第1回大会を開催したそうです。

0km~10km(スタート)

黒部名水マラソンスタート地点

快晴で、気温も高すぎずとても走りやすい天候でした。まず初めに感じたことは人の多さですね…。スタート後の10分ぐらいは、前にも行けず流れにそって走るような感じでした。
5kmぐらい走る頃には、後列組のランナーもスピードを徐々に上げていきました。僕はというと、実は大会当日まで20km以上を走った経験がなく、スタミナ切れや足の故障を危惧して15km~20km地点までは、ゆっくり走ろうと決めていたので、6分30秒前後のスピードで走っていました。
スタート地点から数十分走り街道に出ると、応援の方々が見えて「がんばれ」の掛け声をたくさんいただきました。

10~20km

10km地点で既に右膝が痛くなりました…。それに加え、すごく長い上り坂が現れた為、心がくじけそうになりました。
数キロ置きに給水・給食所があり、水やアクエリアス、塩、梅干し、飴などが配給されました。ランニング時に、飲み物を持つと走りにくいので大変助かりました。初夏ランといえど、サポートが万全でしたので脱水症状や熱中症には、心配なく走ることができました。黒部名水マラソンでは熱中症対策に「冷え冷えの名水かぶり水」があり、給水所にて頭から水をかけてもらえることができます。活を入れたり、頭を冷やす為に3~4回ぐらいかけてもらいました。

20~30km

本当に天気が良くて走っていると心地いい感じなのですが、20km地点より左足のふくらはぎに痛みが走りました。しかもこの痛みは完走するまで続きました…。
右足の膝と左足のふくらはぎが痛い。もう無理かもしれない・・・。3回ぐらい心がくじけました。救護所を見るたびに頭によぎる「リタイア」の文字。ただ、ここで辞めたら後悔すると分かっていたので、その気持ちだけで走ってたような感じがします。ほとんど歩いてましたが。1km10分のスピードで走ってたのも20km後半ぐらいです。25km地点ぐらいにあった給食の「オレンジ」は本当に美味しかったです。

30~40km

スタート時はイヤホンをつけてマラソンを楽しみながら走っていたのですが、もはやそれどころではない疲労感がありました。スマホは持っていましたが、足の痛みがひどかったので、写真を撮ったりポーチから取り出そうとは思えず、何も考えられない感じでした。ひたすら前を見て走っていた、そんな感じだった気がします。あまり覚えてません・・・。覚えているのは給水所にあった「コカ・コーラ」。オレンジに次ぐ、美味しさでした。給水所にコーラが置いてあったのは1か所だけだったような気がします。僕がコーラに感動したのは初めてです。

40~42.195km(ゴール)

応援の方々の「がんばれ!あとちょっと!ここを過ぎたらもう上り坂はないよ!もう少し!」の言葉が今も頭に残っています。どこまで走ればいいのか、ゴールまでの距離感がつかめずやみくもに走ってました。止まれば足の痛みは止む。痛みから解放されたい。ゴール地点まで近づくと脚を引きずっているランナーばかりで、ほとんど歩いてる感じでした。足が痛いのは僕だけじゃなかった。

マラソン完走後

走り終えた感想

脚が痛かったです。帰り道はおじいちゃんのように腰を曲げて足をひきづって帰りました。立ち上がる時、しゃがむとき、全ての動作において痛みが生じました。
大会は、ボランティアの方々の熱意がすごかったです。気温も高く暑い中、赤ちゃんからおじいちゃん・おばあちゃんまでたくさんの方から応援していただきました。
冷たい地元の食材を用意してくれていたり、オレンジとコーラは本当においしかったです。黒部名水マラソンは地元の一体感を感じる運営と応援でした。

黒部名水マラソン完走証

得られたもの

  • マラソン完走証
  • 忍耐力
  • オレンジとコーラのおいしさ

失ったもの

  • 左足のふくらはぎ
  • 右足のひざ
  • 免疫力(後日、風邪をひきました)
  • エネルギー(後日、フラフラでした)

目標はサブ4ランナーです。

About

プロフィール

東京都江戸川区にてフリーランスで活動しているWebデザイナーの廣部 貴志です。
> プロフィールはこちら

Category

Work Web Book Photo Other

Access Ranking

アクセスランキングはまだ集計されていません。

Monthly Archive

Contact

HIROBE DESIGNへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
Webのことならお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

Infomation

東京都江戸川区

※大変お手数ですがメールよりお問い合わせください。

info@hirobetakashi.com

受付時間

営業日:月~金(9:00 ~ 18:00)

定休日:土・日・祝