【湊 かなえ】リバース

2017/04/14

湊かなえさんの『リバース』(小説)を読みました。
湊かなえさんの本を初めて読んだのですが、読み終えた感想としては「これがイヤミスか…」でした。

““イヤミス”とは、「後味が悪い」「イヤな気分になる」ミステリー作品を指す言葉”
出典“イヤミス”の女王 湊かなえの『贖罪』文庫が大人気 | ダ・ヴィンチ電子ナビ

リバース

読み始めたきっかけ

僕は、本を読みたいなと思った時、書店を周り「平積み」になっている本を見ます。

““平積み”とは、台に表紙を上にして本を積む方法。基本的には売りたい本で行う。”

湊かなえさんの文庫本が所狭しと並んでいると、どうしても目に入り、気付いた時には背表紙のあらすじを読んでいましたね…。
喫茶店に通う平凡サラリーマンの主人公(深瀬和久)が、女の子(越智美穂子)と出会って、生活が華やぎ始めるのに、いきなり「人殺し」という言葉が出てくる…
真相は何なのかと考えながら、気付いたら本を片手にレジへ並んでいました。

どうやら無意識に行動することが多いみたいです。

「リバース」はリアルタイムでドラマ化にもなっていて、
これ以上はネタバレになるので、気になる方は、小説かドラマを見てみるといいでしょう。

読むのはありか・なしか

オチが想像しづらく読み進めていくうちにドキドキして楽しめるので「あり」です!

About

プロフィール

東京都江戸川区にてフリーランスで活動しているWebデザイナーの廣部 貴志です。
> プロフィールはこちら

Category

Work Web Book Photo Other

Access Ranking

アクセスランキングはまだ集計されていません。

Monthly Archive

Contact

HIROBE DESIGNへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
Webのことならお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

Infomation

東京都江戸川区

※大変お手数ですがメールよりお問い合わせください。

info@hirobetakashi.com

受付時間

営業日:月~金(9:00 ~ 18:00)

定休日:土・日・祝