【乙一】暗いところで待ち合わせ

2017/05/03

今年のゴールデンウィークは、パソコンを触るか本を読むかフットサルをするかの3つです。

さて、初めて乙一さんの著書を読みました。
友人からすすめていただいたのがきっかけで読み始めました。

暗いところで待ち合わせ

乙一さんの名前は知っていたのですが、小説がどのジャンルなのかは知らずに読んでみたので、
ホラーなのか、または推理なのか、どっちなのだろうとそわそわしながら読みました。

内容は、視覚障害を持つ一人住まいのミチルの家に、殺人容疑で警察に追われるアキヒロが逃げ込み、居間の隅に潜み始める。
アキヒロはミチルにバレないよう、物音を最小限に抑え、気配を消していたのだが…
ある日、ミチルがアキヒロの存在に気付く。
ミチルは襲われるのを恐怖し、身を守る為、知らないふりをしようと決める。
そして奇妙な同棲?生活が始まった。

ミチルからすればかなり怖いですしホラーですね…。男でも怖いと思います。


ここからは感想なのでネタバレとなります。

最初はホラー小説なのかなと思っていたのですが、読み終えてみると切ない恋愛小説のような感じでもありました。
僕が印象に残った場面は3つありました。
・ミチルがアキヒロの存在に気付いてシチューを出したところ。
言葉がなくてもコミュニケーションを取れていることに心温まりましたね。
ホラーだった設定が激変しました。

・ミチルが一人でカナエのところへ歩いていったところ。
正確には、アキヒロが見守っていたので一人ではないのですが、
恐怖を抱えながら歩くところはミチルの強さを感じました。
自分のことよりも人のことを考えて動く時の強さはすごいです。

・殺人の犯人は、被疑者の彼女さんだったこと。
女性は怖いですね…。

ホラーであったりミステリーな内容ですが、ラストは心温まる優しいお話でした。

About

プロフィール

東京都江戸川区にてフリーランスで活動しているWebデザイナーの廣部 貴志です。
> プロフィールはこちら

Category

Work Web Book Photo Other

Access Ranking

アクセスランキングはまだ集計されていません。

Monthly Archive

Contact

HIROBE DESIGNへのお問い合わせやお見積もり依頼はこちらから。
Webのことならお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム

Infomation

東京都江戸川区

※大変お手数ですがメールよりお問い合わせください。

info@hirobetakashi.com

受付時間

営業日:月~金(9:00 ~ 18:00)

定休日:土・日・祝